サッカーハンデキャップベッティング

ハンデキャップベッティングは、試合開始時にいずれかのチームがリードしていると仮定します。このハンデキャップは後に実際の最終スコアに追加され、ハンデキャップリザルトになります。
ハンデキャップでのベッティングはお気に入りのチームの試合を面白くします。それらの試合では普通の1X2ベットで儲けることは難しくても、ハンデキャップベットならかなり良い支払いを受け取ることも可能です。

例を見てみましょう:

お気に入りのチームの試合。

1.05対1のオッズで米国チームに賭けることは損にも特にもなりませんが、リスクを冒して1ユーロでわずか5セントを勝ち取ることが正しいやり方とは思えません。
この試合で米国が、おそらく少なくとも2、3ゴール差で必ず勝つと思っているならば、ハンデキャップベットで賭けるのがはるかに賢明です。

3ウェイハンデキャップ

最も一般的な形のハンデキャップベットは‘3ウェイハンデキャップ’と呼ばれています。通常の1X2ベットと同様に、3ウェイでは3通りの結果に賭けることが出来ます:ホーム、チーム、アウェイチームとドロー。これは‘ヨーロピアンハンデキャップ’とも呼ばれます。

ハンデキャップベットでは、一方のチームがリードしていると仮定されます。通常1ゴールリードとなります。先の例では、米国が少なくとも2ゴール差で勝つと考えているならば、常に通常の1X2ベットではなくハンデキャップを選ぶべきです。
最終スコアが2-0であった場合、ハンデキャップリザルトは2-1となり、ハンデキャップにも関わらず米国の勝ちとなります。

もちろんハンデキャップベットの支払いは常に大幅に高くなります:

スリーウェイハンデキャップ。

しかし、もし先の例の試合が1-0または2-1で終わった場合、ハンデキャップリザルトはドロー(各1-1と2-2)となり、3ウェイハンデキャップでドローに賭けていた人が勝ちとなります。

2ウェイハンデキャップ、またはアジアンハンデキャップでは、敗者へ与えられる仮想リードは通常½ゴールです。そのためドローは不可能です。その詳細は後述します。

ハンデキャップ - お気に入りライン

試合に贔屓のチームが出る時、‘ハンデキャップお気に入りライン’ベットもしばしば使え、ブックメーカーが適切であると見なす‘ラインハンデキャップ’によって、2ゴール差(時にはそれ以上)のハンデキャップでも賭けが可能となります。
その場合、ハンデキャップベットで支払いを受け取るためには、お気に入りのチームが3ゴール以上入れて勝たなくてはならないため、その支払いはもちろんさらに良くなります。

お気に入り無しのハンデキャップ

贔屓のチームが無い試合に最も有益なハンデキャップベットがあります。この場合、両方のチームにハンデキャップを設定出来ます。
ブックメーカーは強さに大きな差は無いと予想しているため、それによりオッズを大きくすることが出来ます。賭けたチームがハンデキャップを制して2ゴール差で勝った場合、確実に大きな支払いを手に出来ます。

お気に入り無しのハンデキャップ


ハンデキャップベッティングのためのヒント

試合で両チームがほぼ同等であると予想している場合、通常の‘ダブルチャンス’ベットと全く同様に、3ウェイハンデキャップを‘弱者’に設定しましょう。
上のトッテナム vs チェルシーの例で、‘ダブルチャンス1X’はトッテナムに3ウェイハンデキャップを設定(1-0)したのと同じオッズです: 1.42.
なぜならどちらの賭けもトッテナムが勝ってもドローでも勝ちになるからです。
そうなので、ブックメーカーがミスを冒した場合に備えて、常に両方のオッズに注意を払いましょう。そして両方のオッズには僅かな差があります。

3ウェイハンデキャップを使ってきっちり1ゴール差で勝つことに賭けることも出来ます。この場合、対戦相手に1点のハンデキャップリードを与えて、ドローに賭けます。
1ゴールハンデキャップを与えることで、もう一方のチームがハンデキャップのあるリザルトで同点となります。最終スコアが0-1または2-3でも構いません。
僅差の試合を正確に予想出来れば、この方法でかなり良い利益を得られます。

アジアンハンデキャップ

アジアンハンデキャップはヨーロピアンハンデキャップとは幾分異なります。最も大きな違いは、½ゴールのハンデキャップが使われるためドローが不可能なことです。
アジアンハンデキャップの+½ / -½はブックメーカーで最もよく目にします。

通常の1X2ベットでチームに賭けるのは、アジアンハンデキャップで-½で賭けるのと同じです。チームが試合で勝った場合、ハンデキャップの-½ゴールは結果を変えません。試合がドローで終わった場合のみ結果を変えます。
従ってホームチームに+½で賭けるのは、‘ダブルチャンス1X’と同じになります。試合がドローで終わった場合、ハンデキャップによりホームチームがまだ勝者となるからです。
そうなので、差が出るようにどのベットがベストオッズかを見分けることも重要です。

+1½や-1½のようなアジアンハンデキャップももちろん可能です。しかしそれらはサッカーではさらに稀です。この種の‘ラインハンデキャップ’はその他のスポーツでもっと使われます。
その他(さらに複雑な)のアジアンハンデキャップの形は、+0、+1、そして+¼.と+¾までもがありますが、ここではそれらは使われません。

Unibetでのハンデキャップベッティング

ハンデキャップベッティングは予想できる試合を再びエキサイティングにすることが出来ますが、賭けをさらに有益なものにもすることも出来ます。
ハンデキャップベッティングで稼ぎたいなら、オンラインブックメーカーのUnibetが最適です。ここにはより充実したハンデキャップベットがあるので、有益な賭けを必ず見つけることも出来ます。

今Unibetに登録すると、初回入金に加えて€60のボーナスがもらえ、それは基本的にブックメーカーがそれ自身に大きなハンデキャップを与えているようなものです。期限が切れる前に必ずこのオファーで利益を得ましょう。

ここをクリックして無料でUnibetスポーツブックに登録しましょう。





トップ トップ

888スポーツベッティングオンライン
スポーツベッティング